読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

kazutomoのブログ

たまーに気が向いたらなんか書きます

Splatoonの為だけにWiiUを買うのもなあ。と思っているあなたに。WiiUのおすすめソフト紹介

Splatoon がネットで超話題ですね。
私も試射会で体験して面白さに驚いてすぐに予約してしまいました。
今は20時間ほど遊びましたが、まだまだ楽しめそうです。

近年スマホ向けゲームが非常に人気で、家庭用ゲーム機に対する関心が下がってしまっているのを憂いている私としては、ぜひとも皆さんにもSplatoonを楽しんでいただきたいと思っています。

Splatoon は気になるんだけど、WiiUを買ってまで遊びたいかなあ?と迷っている方にWiiUにはSplatoon以外にもスマホ向けゲームでは体験できない、じっくり楽しめる家庭用ゲーム機らしい魅力的なゲームが有りますよ!と紹介したいと思います。

本体編

まずは、本体です。WiiUにはいくつかバリエーションがありますので、紹介したいと思います。

Wii U ベーシックセット (WUP-S-WAAA)

Wii U ベーシックセット (WUP-S-WAAA)

 

 まず、一番安いやつ。Wii Uベーシックセットです。
実はこの本体は生産が終了しており、現在入手が困難です。販売していたとすれば25000円(税別)で購入できます。
後ほど紹介するプレミアムセットとの違いはいくつかの周辺機器が付属しておらず、本体内蔵メモリの容量が8GBと、プレミアムセットの32GBとくらべて少ないです。

ですが、パッケージソフトのDL版を購入しないのであれば8GBで十分です。
むしろ、パッケージソフトのDL版を購入するのであれば32GBでも足りませんので、私はこのベーシックセットをおすすめします。

もし、DL版を購入したくなったら外付けのHDをUSB接続することで容量を増やすこともできますのでご安心を!

Wii U プレミアムセット kuro (WUP-S-KAFC)

Wii U プレミアムセット kuro (WUP-S-KAFC)

 

 プレミアムセットです。ベーシックセットと違って、カラーリングが黒です。
ベーシックセットとの違いは容量の他に、WiiUゲームパッドを充電する際に立てかけて充電できる充電台や、本体を縦置きするためのスタンドが付属します。
こちらも生産が終了しており、近々白色のものが販売開始されます。
価格は30000円(税別)です。個人的にはこのあと紹介するソフトセットのほうがおすすめです。

Wii U マリオカート8 セット シロ

Wii U マリオカート8 セット シロ

 

 今店頭で一番見かけることができる本体です。
プレミアムセットにマリオカート8がセットになった本体で、32800円(税別)です。
プレミアムセット単体にプラス2800円で マリオカート8Wiiリモコンプラスとセンサーバーが付属するとてもお得なセットです。
バラバラに購入するよりも10000円以上お得です。
ほぼベーシックセット+マリオカートの値段で、このセットが購入できますので
マリオカートにも興味が有るのであれば超お勧めです。 

ひとりでガッツリゲームを遊びたい人編

ひとりでガッツリゲームを遊びたいあなた。WiiUでしか遊べないひとりでガッツリ遊べるゲームがいくつかあります。

 

XenobladeX (ゼノブレイドクロス)

XenobladeX (ゼノブレイドクロス)

 

一番最近発売されたガッツリタイプのゲームがこのゼノブレイドクロスです。

広大な惑星ミラを探索しながら遊ぶRPGです。かなり骨太な内容となっており、プレイ時間100時間を覚悟しなければならない大ボリュームの大作RPGです。
WiiUでしか発売されておらず、開発元が任天堂の子会社ですので、今後プレイステーションなどで発売されることもないタイトルです。

ただし、私も遊びましたが、あまり親切な作りではありませんので、多少粗があっても許せる。ゲームを遊ぶ時間がたくさん取れる方以外にはおすすめしません。

 

つづけて、ベヨネッタ2です。
前作ベヨネッタセガから発売され、PS3Xbox360向けに発売されました。

しかし、本作はセガが開発を中止したところを任天堂が援助する形で開発が再開された経緯があり、販売元もセガから任天堂に変わり、WiiUで独占販売になっています。

ゲームジャンルを「クライマックス・アクション」と名乗っているように、まるでクライマックスシーンかのような非常に凝ったアクションの連続でゲームが展開するド派手なアクションゲームです。

前作やってないから2からやってもなあ。というあなたにも安心。
本作には1のWiiU版も同梱されており、どちらも遊ぶことができます。

ピクミン3

ピクミン3

 

つぎはピクミン3です。

引っこ抜かれて、戦って、食べられる。1作目が発売された時のCMソングが話題になりましたよね。
 ピクミンたちを引き連れて未知の惑星を探索するリアルタイムストラテジーゲームです。

本作は3作目ですが、ストーリー的な繋がりなどは皆無ですので、本作から初めてもなんの問題もありません。

ピクミンってどこが面白いの?というと、

たとえば、晩御飯を作るとき、炒めものをして火を入れている間にサラダを作って、時々焦げないようにフライパンを振ったり、いくつかの作業を平行してすすめたりしますよね。
そういう段取りよく作業を進めるのをゲーム化したものです。

ピクミンに壁を壊すように指示をして、壁を壊している間に他のピクミンで敵を倒す。
壁が壊れた頃に合流して先に進む…。と言った具合です。
効率よく攻略しないと食料が尽きてゲームオーバーになってしまいますので、ピクミンとともに効率よく食料を集めながら惑星を探索しましょう。

ゼルダの伝説 風のタクト HD

ゼルダの伝説 風のタクト HD

 

次はゼルダの伝説 風のタクトHDです。
ゲームキューブで発売されたゼルダの伝説のリメイク作品です。

ゲームキューブも現在のWiiUくらい売れなかった本体ですので、遊んでない方もたくさんいるのではないでしょうか?

しかし、ゲームの出来と売上は関係ありません。本作もゼルダの伝説シリーズらしく大変楽しめる内容になっています。
ちなみに、ゼルダの伝説シリーズはストーリー的な繋がりは直接的にはありませんので、未経験者でも楽しめるはずです。

みんなでワイワイ楽しみたい人編 

大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U

大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U

 

みんなで楽しめるゲームの1つ目として、スマブラを紹介します。
スマブラ任天堂作品のキャラクターたちを使った対戦格闘ゲームです。

一般的な対戦格闘ゲームは体力ゲージが無くなるまで戦うゲームですが、
スマブラは攻撃を受けるとふっ飛ばされるゲームで、画面外までふっ飛ばされると負け。というゲームになっています。
ダメージを受ければ受けるほどふっ飛ばされやすくなります。

本作は最大8人で対戦できるなど、パーティゲームの定番として楽しめるのではないでしょうか。

スーパーマリオ 3Dワールド

スーパーマリオ 3Dワールド

 

次に紹介するのは、スーパーマリオ3Dワールドです。
みんなでワイワイって言っても、家族で楽しみたいなあ。という方に特におすすめ。
もちろん、大きな友達同士で遊んでも十分楽しめます。

3Dマリオシリーズの中でも抜群の遊びやすさだった 3DS 用の スーパーマリオ3Dランド の延長として WiiU 用に開発された本作は、3Dになっても操作が難しくならないよう工夫されており、ゲーム初心者でも安心して楽しめます。

一方でゲーム上級者にとって物足りないか?というと、そんなこともなく、クリア後には高難度のステージが登場するなど、ゲーマー向けの配慮も忘れられていません。

Nintendo Land

Nintendo Land

 

任天堂がユニバーサルスタジオと提携してテーマパーク事業に進出するんですってね。
これはニンテンドーランドに期待ですね。

…というテーマパークのニンテンドーランドとは関係なく、WiiU向けのゲームソフトで、任天堂作品をテーマにした12種類のミニゲームが収録されています。

パーティゲームの新定番としてWiiUと同時発売された本作ですが、ちょっとみんなでわいわい同時に遊べるゲームというと、12種類のうち数種類しかなく少し物足りないかもしれません。

ですが、お母さんやお爺ちゃんなど「見てるのはいいけど、直接自分がゲームを遊ぶのはちょっと…」という人が後ろから見ていてもゲームが理解できてわいわい楽しめるようなタイプのゲームが多数収録されています。

普段あまりゲームを遊ばない人編

普段あまりゲームを遊ばないけど、Splatoonには興味が…。というあなた。
あなたにもおすすめできる一人で楽しめるゲームもありますよ。

進め! キノピオ隊長

進め! キノピオ隊長

 

進め!キノピオ隊長はスーパーマリオ3Dワールドのスピンオフのパズルゲームです。

非常に狭いマップをぐるぐる回しながらパズルを解くようにゴールを目指すゲームで、
あまりゲームが得意でない方でも十分楽しめる内容になっていると思います。

 

ドラゴンクエストシリーズ最新作のドラゴンクエストXです。
オンラインゲームになったことで、ちょっと距離をおいている人もいるかもしれません。

しかし、本作はオンラインゲームになってもこれまでのドラクエシリーズの変わってはいけない部分は変わらないように丁寧に作られています。
こればかりは遊んでみないと伝わらないと思いますので、あまり説明しませんが、オンラインゲームアレルギーというだけで遊ばないのは少し勿体無いかな。と思います。

ヨッシー ウールワールド

ヨッシー ウールワールド

 

最後に、ヨッシーウールワールドです。これまで紹介してきたゲームの中で、このゲームだけまだ発売されていません。

前作 毛糸のカービィはミスしないアクションゲームとして、誰にでも楽しめるアクションゲームをテーマに開発されたこともあり、
その流れを継いだ本作もだれにでも遊べるよう工夫がなされていると想像します。

最後に

最後にここまで紹介しておいて残念な話なのですが、
WiiUは発売して3年が経過していますが、それほど売れていません。
更に近年のスマホ向けゲームのブームもあって、ゲーム開発会社も撤退気味のため
WiiU向けのゲームソフトの発売は非常に少ないです。

これまでに紹介した作品以外に欲しくなるようなゲームはほぼ出ないだろう。という腹づもりで最後は購入を決めていただいたほうが懸命かと思います。

 

トピック「スプラトゥーン」について